石原 麗央奈
(いしはら れおな)
パートナー

経歴
1997 年 3月 京都大学法学部卒業
1997 年 4月 京都大学法学部大学院法学研究科専修コース入学
1997 年11月 司法試験合格
1998 年 3月 京都大学法学部大学院法学研究科専修コース1年次終了、退学
1998 年 4月 司法修習生(52期)
2000 年 4月 大阪弁護士会弁護士登録


著書・論文
「相談事例からみた成年後見の実務と手続」(共同執筆・新日本法規出版)
「犯罪被害者支援センターマニュアル(三訂版)」(共同執筆・大阪弁護士会犯罪被害者支援委員会)
「(新版)成年後見人の実務」(共同執筆・大阪弁護士協同組合)


主な取扱分野
これまでの中心的取扱分野
・ 一般民事事件(法律相談、訴訟等)
・ 家事事件(相続、遺言、離婚、親権等)
・ 企業法務(各種契約書の作成及びチェック、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、株主総会指導など)
・ 建築工事をめぐる各種紛争(建築瑕疵等)
・ 不動産に関する各種紛争(明渡、境界確定等)
・ 企業再生及び倒産案件(破産、民事再生、特定調停、特別清算等)
・ 地方公共団体に関する訴訟事件(住民訴訟等)
・ 債権回収に関する相談、訴訟等
・ 不法行為訴訟(交通事故その他)
・ 成年後見人、高齢者の財産管理業務等
・ 児童虐待保護事件
・ 刑事事件、少年事件

現在最も関心を持って取組んでいる課題
・ 成年後見制度に関する諸問題の研究
・ 財産管理など高齢者の法律問題
・ DV、ストーカーに関する諸問題
・ 犯罪被害者に関する問題
・ 子どもたちに対する法教育(出張授業等)


講演等
大阪府男女共同参画課主催:人権啓発セミナー 「女性が受けるあらゆる暴力をなくすために」
その他企業内講演(テーマ:民法総論、不法行為一般、セクハラに関する法律問題、債権回収に関する諸問題、取引先破綻の場合の法律問題など)


ひと言
これまで扱ってきた分野についてはさらに研鑽を重ね、また、新たな分野にも挑戦していきたいと考えています。