神原 浩
(かんばら ひろし)
パートナー

経歴
1997 年 8月 国家公務員試験Ⅰ種法律職合格
2000 年10月 司法試験合格
2001 年 3月 京都大学法学部卒業
2001 年 4月 司法修習生(55期)
2002 年10月 わかくさ法律事務所 入所
2007 年10月 きよた総合法律会計事務所 入所
2008 年11月 公認会計士試験合格(日本公認会計士協会近畿会所属)
2009 年11月 きっかわ法律事務所 入所
2013 年 7月 きっかわ法律事務所パートナー就任
2014 年 4月 京都大学法科大学院非常勤講師(民事弁護実務)


所属学会等
・ 日本公認会計士協会準会員
・ 日本民事訴訟法学会会員
・ 特定公益増進法人財団法人修徳会 監事
・ 全国倒産処理弁護士ネットワーク
・ 事業再編実務研究会


著書・論文
<著書>
「判例法理・取締役の監視義務」(中央経済社) 平成30年(共著)
「判例法理・経営判断原則」(中央経済社) 平成24年(共著)
「一問一答 民事再生手続と金融機関の対応」(経済法令研究会) 平成24年(共著)
「Q&A パートタイム労働者の雇用と実務」(ぎょうせい) 平成20年(共著)
「労働審判 逐条解説と審判書式の作成方法」(ぎょうせい) 平成19年(共著)
<論文>
「DIP型会社更生を検証するⅢ ロプロ 財産評定に関する諸問題」(NBL959号・平成23年)
「私的整理と法的整理における企業及びステークホルダーの取扱いとその行末」(ザ・ローヤーズ・平成23年5月号)


主な取扱分野
・ 企業の事業遂行上発生した各種紛争に関する相談及びその処理など
・ 企業の事業活動に伴う各種法的リスクの事前検討及びリスク低減に関するアドバイス等(各種契約書の作成及びチェック並びに意見書作成などを含む)
・ 事業再生(各種私的整理スキーム)、法的倒産処理、組織再編(M&A)
・ 会社法・金融商品取引法関係の争訟(特に、株式価値等の資産評価関係、財務諸表の虚偽記載関係、役員の善管注意義務関係等)
・ 課税リスクの事前検討及び実際の課税処分に対する不服申立て等(特に、関係会社間での実際の資産《役務》移転価格と課税当局による移転資産《役務》の評価を巡る争い等)
・ 企業の経営支配権を巡る攻防に関するアドバイス(MBOの適正性確保などを含む)
・ 特定の会計処理の違法性の検討、適時開示の必要性の検討、その他、会計処理・開示に関する全般的相談業務(法的観点から)。
・ 商標・不正競争防止法関係をはじめとする知的財産権に関する争訟
・ 解雇及び労働災害を巡る争訟等(主に使用者側)
・ 交通事故を原因とする損害賠償請求(主に被害者側)
・ 一般民事訴訟、債権回収(取引先倒産時の動産売買先取特権に基づく物上代位等を含む)


ひと言
勝つべき事案は確実に勝つ、不利な事案においても綿密な調査研究によって糸口を見出して相応の解決を導き出す、このような心構えで各案件に対処して参ります。
また、会計及び税務に関する知見も活用し、依頼者の皆さまに対して幅広いサービスを提供して参ります。事案によっては、公認会計士、税理士その他専門家との連携により、一層充実したサービスをご提供いたします。