森 拓也
(もり たくや)
パートナー

経歴
1995 年 3月  関西大学法学部卒業
2001 年 4月  司法修習生(55期)
2002 年10月  大阪弁護士会登録
2008 年 8月  森法律事務所開設
2009 年 4月 
~2018 年3月 立命館大学法科大学院 非常勤講師(情報法)
2011 年 1月  当事務所に移籍
2015 年 4月  甲南大学法科大学院 教授(倒産法)


所属学会等
情報ネットワーク法学会
全国倒産処理弁護士ネットワーク
大阪弁護士会 大阪倒産実務交流会
大阪弁護士会 法教育委員会(2010年度~副委員長、2018年度~委員長)


著書・論文
「NBL 957号/DIP型会社更生手続を検証するⅢロプロ」(共著・商事法務)
「破産実務Q&A200問」(共著・きんざい)
「一問一答民事再生手続と金融機関の対応」(共著・経済法令研究会)
「情報ネットワーク・ローレビュー第12巻/発信者情報開示請求訴訟における「対抗言論の法理」と「権利侵害の明白性」の要件事実的な問題について/遠隔操作ウイルス事件が裁判実務に与える影響について」(共著・商事法務)
「会社更生の実務Q&A120問」(共著・きんざい)
「法教育出張授業マニュアル」(共著・大阪弁護士協同組合)


主な取扱分野
・事業再生事件
・倒産事件(会社更生・民事再生・破産)の申立及び管財事件
・企業買収に伴う法務調査、スキームに関するアドバイス
・IT関連法(システム関連契約、ネット上の名誉毀損、個人情報保護法等)
・労働事件(使用者側)
・企業法務(人事・労務相談、契約書作成、取引契約のチェック、相談など)
・知的財産法(主として著作権法、商標法)
・交通事故事件
・その他 一般民事事件


ひと言
専門家として、客観的なアドバイスを行うと同時に、依頼者の方がどのような点を重視しているのかをしっかり把握し、その依頼者にとって一番良い解決は何かを一緒に考える姿勢を大切にしたいと思っています。