高田 翔行
(たかだ しょうご)
アソシエイト

経歴
2009 年 3月 京都大学法学部 卒業
2011 年 3月 京都大学法科大学院 修了
2011 年11月 司法修習生(65期)
2012 年12月 第二東京弁護士会登録
2017 年 5月 New York University School of Law (LL.M.) 修了
2017 年 9月 Fox Rothschild LLP (New York)
2018 年 6月 ニューヨーク州弁護士登録
2018 年10月 大阪弁護士会登録
          きっかわ法律事務所 入所


著書・論文
「宿泊・居住サブスクリプションサービスと行政許認可等に関する検討」(共著)(Business Law Journal 149号・2020年8月)
『コーポレートガバナンスの法律相談』(共著)(青林書院・2016年10月)
『よくわかる会社法入門講座』(共著)(ビジネス教育出版社・2015年6月)
『Q&A平成26年改正会社法(第2版)』(共著)(金融財政事情研究会・2015年4月)
「事件簿から読み解くIT法務の勘所」(日経コンピュータ・2015年1月~6月)
「少数株主の保護に関連する改正項目」(「特集=改正会社法と実務対応Q&A」所収)(共著)(金融法務事情2002号・2014年9月)
「会社法制」(「2000号記念特大号 金融法務の変遷・課題と展望 第1部 回顧」所収)(共著)(金融法務事情2000号・2014年8月)
『Q&A平成26年改正会社法』(共著)(金融財政事情研究会・2014年7月)
「実践コンプライアンス入門講座~パワーハラスメントへの対応」(月刊登記情報623号・2013年10月)
「ベンチャー投資契約における株式の譲渡制限のあり方(先買権・共同売却権)」「ベンチャー投資におけるDrag-Along Right(ドラッグ・アロング・ライト)とは」「自己株式の取得とは」「自己株式の取得手続とは」「相続人等に対する株式の売渡請求」「自己株式を取得する際の留意点」(BUSINESS LAWYERS ウェブサイト)


主な取扱分野
・ 会社法・金融商品取引法を中心とする企業法務(M&A、コーポレート・ガバナンス、資金調達等)
・ 海外進出や海外企業との取引に関する渉外業務
・ 商事訴訟をはじめとする様々な紛争解決


ひと言
これまで、企業法務の幅広い分野で経験を積み、様々な面から企業活動をサポートしてまいりました。今後は、これまで培ってきた知識・経験をさらに深めるとともに、2年間のニューヨークでの留学経験を活かして、渉外業務についても、より高度なリーガルサービスを提供し、クライアントの皆様の期待に応えられるよう精進してまいります。