小原 正敏
(おはら まさとし)
パートナー

経歴
1976 年 3月 早稲田大学法学部卒業
1977 年 4月 司法修習生(31期)
1979 年 4月 大阪弁護士会弁護士登録
1985 年 5月 イリノイ大学ロースクール修士課程(比較法修士号取得)
1985 年 8月 Weil,Gotshal&Manges法律事務所(ニューヨーク・オフィス)において実務研修
1986 年 8月 ニューヨーク州司法試験合格、ニューヨーク州弁護士登録
1999 年 4月 近畿弁護士会連合会理事
2000 年 4月 日本ローエイシア友好協会理事(2002年から副会長)
          龍谷大学国際文化学部非常勤講師(国際私法・国際民事訴訟)
2003 年 6月 財団法人民事紛争処理研究基金評議員
          近畿弁護士会連合会理事
      10月 日本仲裁人協会理事
2004 年 4月 大阪弁護士会副会長、大阪市立大学法科大学院特任教授(民事法担当)
2005 年 4月 大阪弁護士会民事紛争処理センター運営委員会委員長
          同 情報センター運営委員会委員長
      6月 国際民商事法センター学術評議員
2006 年 4月 大阪市個人情報保護審議会審議員
2009 年 4月 社団法人総合紛争解決センター財務委員
2017 年 4月 大阪弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長


所属学会等
日本民事訴訟法学会/国際経済法学会/国際商事仲裁協会/リスクマネジメント協会/国際法曹協会(IBA)/日本ローエイシア友好協会/環太平洋法曹協会(IPBA)/全米法曹協会(ABA)/ニューヨーク州法曹協会(NYSBA)/仲裁ADR学会


著書・論文
「アジア諸国の知的財産制度」(共著・青林書院)
「会社法大系1 会社法制・会社概論・設立」(共著・青林書院)
ジャパニーズ・ジョイントベンチャー(ジェトロ刊)
「和解手続」判例タイムズ No.871 18頁
不正競争法の法律相談(共著・青林書院新社)
論点民事訴訟法(共著・判例タイムズ社)
(財)国際民商事法センターのアジア・太平洋法制シリーズ(平成12年:アジア・太平洋諸国における倒産法制、同13年:アジア・太平洋諸国における企業倒産と担保法、同14年:アジア・太平洋諸国におけるADR、同18年:アジア諸国における知的財産の行使) (いずれも商事法務研究会)
「新訂 貸出管理回収手続双書―仮差押え」(共著・きんざい)
その他、(財)産業研究所、(財)知的財産研究所及び(財)比較法研究センター発行の調査研究報告書等の執筆


主な取扱分野
主として次の法領域について、企業・国・地方自治体の代理人として、各種交渉・訴訟に関与しています。紛争の予防と早期解決を図るため危機管理論にも興味をもっています。また、仲裁・ADRには、国際商事紛争の仲裁人や民事調停の調停委員をはじめ、様々なADR手続において、調停人をつとめてきました。
・ 国際民事訴訟
・ 独禁法
・ 不正競争防止法
・ 会社法(株主代表訴訟、M&A、企業再編)
・ 環境・製造物責任法
・ 医療過誤等の損害賠償法
・ 住民訴訟
・ 仲裁
・ ADR


外国語
英語