根岸哲教授特別講座「液晶パネル国際カルテル事件」開催

根岸教授特別講座

液晶パネル国際カルテル事件 -モトローラ事件について-

 

 液晶パネル国際カルテル事件(モトローラ事件)において、米国の第7巡回区裁判所が、先月、外国取引における米国反トラスト法の適用範囲について、判断を示しました。同裁判所の裁判長は、反トラスト法の分野では著名なポズナー判事ですが、弊所顧問の根岸教授は同裁判所にアミカスブリーフを提出しました(決定において、根岸教授の意見が取り入れられていると思われる箇所があります)。
 そこで、同事件を良く知る根岸教授に事件を解説頂き、提出したアミカスブリーフの内容についてもご説明頂く予定です。
 またとない機会ですので、是非ご参加下さい。

 

日  時  平成27年1月28日(水)16:00~18:00

会  場  大阪事務所/東京事務所 (TV会議による中継)

人  数  ともに8名程度

講  師  根岸 哲教授