実務に効く タイ法務・会計セミナー開催のご案内

 タイは、アジア諸国における進出先として依然として人気が高く、今後の新規進出を検討している企業だけでなく、すでに進出を果たしている企業も数多く存在します。

 本セミナーでは、日系企業を含む外資系企業のサポートについて豊富な経験を有する講師陣が、①投資規制、②労働法制、③役員や従業員による不正の防止方法、④事業撤退の際の留意点を中心に、実務上トラブルとなることが多い法務・会計上のトピックをご説明させていただきます。

 

ご参加特典:ご希望の方を対象に、後日、メール、電話、Skype、タイ現地における面談等の方法による簡単な無料個別相談を提供させていただきます。

 

1.日時:2020年2月6日(木)13時30分~17時30分(受付開始:13時)

       *終了後、講師を交えての簡単な交流会(軽食とお飲み物をご用意いたします)を予定しております。

2.会場:きっかわ法律事務所

     (大阪市北区中之島3丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト11階)

3.内容:【第1部】投資規制・労働法制についてのケーススタディ

       講師:マイケル・ドイル(弁護士、Seri Manop and Doyle法律事務所)

      【第2部】役員や従業員による不正の防止方法、事業撤退の際の留意点についてのケーススタディ

       講師:マイケル・ドイル、柳澤高子(RSM Thailand)

      【第3部】これだけは押さえておきたい実務のポイント

       講師:貞嘉徳(弁護士、きっかわ法律事務所)

4.参加費:無料

5.申込方法:別紙「参加申込書」に必要事項をご記入の上、2020131日(金)までに、

       電子メール(info_overseas@kikkawalaw.com)またはファックス(06-6201-2980)にてお申込下さい。

       会場の都合上、定員になり次第、受付を終了させていただきます。

 

Seri Manop & Doyle法律事務所>

 バンコクを拠点として、外国企業による投資案件、コーポレート、M&A、不動産、税務、IPの分野を専門としています。英語だけでなく、日本語の堪能な専門家スタッフが所属していますので、日本企業に対しても言語の障壁なくリーガルサービスを提供しています。

RSM Thailand

 世界第6位の監査法人であるRSM インターナショナルのメンバーであり、日本デスクにおいては、会計やビジネスアドバイス、コンサルティング業務等の幅広い分野において、日本の企業へのきめ細やかなサービスを提供しています。